UNDERTALEのGルート攻略6「ふじみのアンダイン戦」実践編

「ふじみのアンダイン」との戦いの実戦の実践編です。
とにかく勝利すればいいので、そのために大切なことをまずおさえておきましょう。



攻撃の精度を上げる
バレーシューズの攻撃では3本のバーを止めることになり、中央ピッタリで止められた本数が多いほど攻撃力はUPします。

3本全部を中央で止めるとクリティカルになり1700ちょい、2本止めてもクリティカルヒットになり1600ほど、1本は通常ヒットで1400ちょい。
全部中央付近だけど中央ピッタリで止められたのは0本、というときは1300ほどになります。

3本あるバーのうち、3本とも中央付近にできないということはないでしょう。なので、1ターンの攻撃力は少なくとも1300ということになるはずです。

クリティカルを織り交ぜていく(1回の戦いで1回もクリティカルが出せないことは滅多にないと思います)と、大体14回~15回ほどの攻撃で倒せます。



少ないターンで倒す
そりゃできればこしたことはないんだよという感じですが、本当にこれは大切なことです。

こちらが攻撃しようと回復しようと、向こうからの攻撃は等しくやってきます。つまりなるべく回復しない方がいいのです。

回復しないと死ぬ。そりゃそうです。

でも逆に回復しないと死ぬ場面以外では回復してはいけません。これ大事。回復するぐらいなら攻撃しましょう。戦いを長引かせてはいけないのです。



回復量が多いアイテムから使う
この時点で一番大きい回復量のアイテムは「バタースコッチパイ」や「ゆきだるまのかけら」ですが、それはラスボス戦にとっておきたいので今はまだ使うことはオススメしません。

「ふじみのアンダイン」戦で使える次点の回復量の大きいアイテムは「すてられたキッシュ」、その次が「スパイダーサイダー」、そして「シナモンキー」、「うちゅうしょく」。

なので、食べるのはその順番になります。それらも使い切り「ふじりんご」しかなくなってしまったら・・・それは食べないといけませんが、「ふじりんご」の回復量「18」は「ふじみのアンダイン」の攻撃力より少しだけ多い程度なので、ただの延命にしかならないかも。

できれば回復することは考えない方がいいぐらい「ふじみのアンダイン」は素早く倒すべき相手です。

ギリギリまで戦い、一気に回復し、また捨て身でかかるぐらいの戦法が少ないターンで倒す近道です。最後のこちらからの攻撃が1400以上出れば倒せそう、という場面なら回復しないで「たたかう」方がいいです。初プレイのときは、自分はそうやって攻撃に徹し、ギリギリ勝利しました。



落ち着く
これ、すごく大事です。

焦ってどんどん攻撃しては向こうからもどんどん攻撃が来るわけで、こちらからターンを経過させなければこちらも死なないのです。
「たたかう」を選ぶ前に、前のページでどの攻撃が来るのかをしっかり把握しておき、その前にこちらの攻撃の精度を上げるため心の準備もしておくべきです。

ラスボス戦と違い、いくらでもゲームを置いておくことができるので疲れたら一旦コントローラを置くのだってアリです。

「バレーシューズ」による攻撃でバーをなるべく中央で多く止められるように、そして「ふじみのアンダイン」の攻撃パターンを把握し、覚えた方がいいパターンのものは覚える。

これらを実戦で落ち着いて実行できさえすれば、勝利は目前です。慣れればノーダメージクリアだってできるようになることでしょう。



というわけで、攻略動画を録画してみました。
このUNDERTALEのGルートの攻略記事を書くに当たって何度も「ふじみのアンダイン」戦をプレイし、初プレイのときより幾分マシな戦い方ができるようになった・・・と、思います。



視覚的に攻略パターンを覚えるというのもかなり有用な攻略方法だと考えております。

攻略実況なので少し声が入っていますが、このように戦うもの、このように避ける、ということを目で見てみてください。



大事なのはあきらめないことです。

2回目以降はスムーズに戦闘に入れるようにゲーム側からの優しい配慮がありますので、何度でも何度でも挑戦しましょう。